俺、社会不適合者なのかも知れない。

okinawa-hackの管理人です。

僕は31歳の沖縄県在住です。

タイトル通り、自分が社会不適合者なのかも知れないと思ったこと。

なぜそう感じたのか?

世の中の社会人として失格となった人たちはどうやって生き、食ってくのか?

考えただけでも不安しかない。

おそらく近い将来、僕もそんな一人になる可能性が否定できないので、これまでのエピソードも交えて自分の考えをまとめておこうと思う。

tomori
この記事を読んで得られるものは、自分と同じ考えを持った人だ!という共感のみです
注意
この記事では、文章を「だ・である調」で書いてみる。俺らしくないけども

社会不適合者ってなんだ?

そもそもこの言葉の意味をしっかりと理解はしていないので、改めて調べてみることにした。

社会不適合者
社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。

ざっくり過ぎてわからない。

不適合者の特徴

特徴も結構あるようだ。

自分がいくつ当てはまるか見てみる。

特徴
特徴①人間不信 :X
特徴②人間が嫌い :X
特徴③他人を信用しない :X
特徴④他人と協調出来ない :△
特徴⑤自信過剰な性格。周囲を見下し上から目線 :X
特徴⑥虚言癖・放言癖がある  :△
特徴⑦ナルシスト過ぎる人  :X
特徴⑧人を見下し自分が1番偉いと思っている  :△
特徴⑨他人と自分を比較することが多い  :〇
特徴⑩他人を大切に出来ない :X
特徴⑪言い訳をして責任転嫁する  :△
特徴⑫責任感に欠ける性格  :△
特徴⑬保守的で他人の意見を取り入れない :△
特徴⑭早起きが出来ず遅刻しがち  :X
特徴⑮固定観念の塊の性格  :〇
特徴⑯無駄なプライドの高さ  :X
特徴⑰自意識過剰な性格  :X
特徴⑱コミュニケーションを取るのが苦手  :△
特徴⑲劣等感が強い   :〇
特徴⑳周囲を頼らない。相談しない  :△
特徴㉑友達がいない :△
特徴㉒仕事が全く続かない  :〇

自分に当てはまるのがいくつかあった、22個中

〇:4

△:9

X:9

なんだか微妙なラインだ。

もしかしたらただの思い込み?ただの特徴⑥である虚言癖なのか?

特徴内容を見てもわかる通り、「めちゃくちゃエラそう、わがまま」が伝わる。
そして△の数が多いのが、〇に近い△なのか、それともXに近い△なのか。

ホントにはっきりしない。これも自分の性格がはっきり表れている。

そう、自分ははっきりしない人間なのだ。

今の世の中、自分は社会不適合者だとSNS上でぶっちゃける人もたくさんにいるようなので自分もその部類なのかもしれない。そもそもそんなこといちいちSNSで暴露したところでなんになるんだろうか。
多分共感してもらいたいのだろう。

これまでの生き方

なんとなく適当に自分のことを不適合者だと思ったわけではなく、振り返ってみると思い当たる節がいくつかある。

これまで高校卒業してから約13年、色んな所で働いてきたわけだが、まぁ長続きしない。

この13年間でバイトを含めなくても10社。なぜ仕事が長続きしないのか、理由は簡単。

そもそも仕事内容が好きでもなんでもない。ただ給料を貰うためだけに働いているといった感覚。だからいつ辞めてもいいように人ともめ事を起こす。それを皮切りに辞めると言い出す。

まるで自分は被害者面をして。もちろんすべてがそんな風な退職の仕方ではないんだけども。

自分的に、若干ではあるが不適合者は話を盛るのが好きなんだと思う。

そんな人間関係でトラブルなら、上記「不適合者の特徴」で挙げた部分でもうちょっと〇が増えそうな気もするが、もしかしたら△の部分で言う〇に近い△なのかもしれない。

そこは、自分に言い聞かせて△だと思っている。

そんな自分でもようやく好きな職業に出会えたのが今の職業である。

おそらくこの業界にずっとしがみついていくことになる。

本音を言うと、人に使われるのがかなり嫌なタイプであるが、我慢しているといった具合で、今は給料を貰いながら経験積んで、スキルアップしているといった感じ。

会社を辞めたらどうやって生きていく?

現在、自分は会社勤めをしている。職業は派遣プログラマーである。

派遣先は金融系のシステム会社に出向という形で毎日自社の人と顔を合わすこともなく他企業で業務をこなしている。

もちろん派遣というのは契約期間があってそこの契約が満了したら、また別の派遣先が見つかるまで面談という名の面接を受けることになる。

半年~1年で環境が変わったりするのはザラ。職場環境が変わるというのは、結構なストレスになるもので、自分自身ストレスを感じている。

だけど仕事を辞めるわけにもいかず、生きていくためにストレス抱えながらも仕事をしている感じだ。辞めたいとおもったこともたくさんあるし、人間関係でちょっと詰まる時もある。

しかも、現在31歳、転職なんてちょっと厳しくなってきた年齢。

例えば、いわゆる本物の社会不適合者が会社を辞めざるをえなくなり、そんな精神に問題がある人を次の会社ご雇ってくれるだろうか?

この事を黙ってさえいればバレないが、いずれまた、同じ理由で辞める時が来るかもしれない。

それならば自身がなにかしらで独立して事業をし、代表としてやればだれからも文句を言われることはないだろう。

社会不適合は、高い割合で「人に使われたくない」という思いがかなり強いと言える。

ただ計画なしで会社辞めるのは金銭面で痛い目をみるのは確かなので色々と準備をして辞めるのがいいかと思う。

世の中には色んな働き方がある

組織に属さない人の生き方としてはこれまで培ってきた経験、技術で何かしら事業を展開するか、今まで貯めた貯金で不動産投資をするか、それともフリーランスで自分の思うがままにインターネットを駆使したアフェリエイトや独自サービスをするか。

また、フランチャイズ(FC)に加盟してもいいし、農業が好きならJAグループの新規就農支援などを一人で始めるのもいいと思う。今の時代、本人の趣味でさえも仕事にできてしまう時代。やり方次第ではいくらでも幅は広がる。

Facebookに、アントレ ~雇われない生き方~ってコミュニティがある、自分はよくそのコミュニティで色んな働き方をしている人達を見ている。めちゃくちゃうらやましい。

そういう人たちもやっぱり、「組織に居てはこの先の人生どうなんだろう?一度きりの人生、やりたいことやらないで後々後悔はしたくない!」って思った人たちなんだろうなと思う。

組織に居れば必ずあるであろう提出する日報やら勤務表提出、就業規則を守り、縛られながら定年まで毎日毎日出社し、社畜として生きていくのは自分は考えられない。

これから自分ができること

自分は近いうちに自由に生きていくと決めているので、今の自分にできることは自由になるための方法の模索、自分はプログラミングが好きなのでその辺りのスキル向上だと思っている。

なるべく早く、雇われない生き方を実現したいと思っている。

とは、言いつつもやっぱりそれはそれで不安が付きまとうことになる。すべての決定権は自分ではあるが失敗しても誰も助けてはくれない。リスクを考えないとやばいことになる。

その辺りは今後慎重に考えていかないといけないところではある。

まとめ

結局のところ、自分は、社会不適合者なのか?については、はっきりとした答えは出ていない。

おそらくそんな人が大多数なのではないかと思う。

ただこれだけははっきりしている、「人に雇われない生き方をしたい!

自分は頭がいいわけでもない、ただの高卒。そんな低学歴でもチャンスは色んな所に転がっていると信じている。

この記事を読んで共感してくれたらいいねしてくれると嬉しいです!

tomori
みなさんは今の仕事は好きですか?

自作WEBアプリ集


管理人があまりに暇人なため、しょうもないwebアプリを作ったりしてます。見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA