知識ゼロからでも受かる?【基本情報技術者試験】への挑戦(1/2)

今回の投稿は、基本情報技術者試験、通称「FE」は知識ゼロでも受かるのか?ということですが、来たる平成29年度春期4月16日の試験を受けるため、ネットで申し込みしました。

会社に資格取得を進められギリギリの申し込みになりました。もうちょっと早く言えよ。と心の中で叫びましたよ。焦った(;´Д`)

僕は今回で4回目の試験を受けることになります。

正確には2回受験し、内1回は都合により受験できませんでした。
一年半前に受けたのが最後なのでもうほとんど忘れてしまったけども。

「FE」は知識ゼロからでも受かるのか?

答えは「YES」です。

なぜなら、知識ゼロでもとにかく勉強すれば敷居はそんなに高くないはず。

以下に年度別の合格率の表になります。

2

開催 応募者 受験者 受験率 合格者数 合格率
13年春期 128,270人 84,113人 65.60% 14,741人 17.50%
13年秋期 147,316人 102,205人 69.40% 12,348人 12.10%
14年春期 134,252人 89,093人 66.40% 16,632人 18.70%
14年秋期 142,878人 99,926人 69.90% 15,579人 15.60%
15年春期 127,523人 85,047人 66.70% 11,317人 13.30%
15年秋期 135,376人 96,477人 71.30% 19,503人 20.20%
16年春期 109,985人 74,410人 67.70% 12,314人 16.50%
16年秋期 118,096人 83,182人 70.40% 13,323人 16%
17年春期 100,734人 67,444人 67% 9,616人 14.30%
17年秋期 106,140人 74,122人 69.80% 9,493人 12.80%
18年春期 93,643人 62,613人 66.90% 9,202人 14.70%
18年秋期 100,636人 71,054人 70.60% 17,163人 24.20%
19年春期 88,387人 60,710人 68.70% 13,902人 22.90%
19年秋期 99,252人 71,302人 71.80% 16,898人 23.70%
20年春期 90,065人 62,607人 69.50% 12,933人 20.70%
20年秋期 101,552人 73,249人 72.10% 17,074人 23.30%
21年春期 90,752人 64,544人 71.10% 17,685人 27.40%
21年秋期 107,800人 79,829人 74.10% 28,270人 35.40%
22年春期 92,108人 65,407人 71% 14,489人 22.20%
22年秋期 100,113人 73,242人 73.20% 17,129人 23.40%
23年特別 88,001人 58,993人 67% 14,579人 24.70%
23年秋期 82,090人 59,505人 72.50% 15,569人 26.20%
24年春期 75,085人 52,582人 70% 12,437人 23.70%
24年秋期 79,674人 58,905人 73.90% 15,987人 27.10%
25年春期 66,667人 46,416人 69.60% 10,674人 23%
25年秋期 76,020人 55,426人 72.90% 12,274人 22.10%
26年春期 65,141人 46,005人 70.60% 11,003人 23.90%
26年秋期 74,577人 54,874人 73.60% 12,950人 23.60%
27年春期 65,570人 46,874人 71.50% 12,174人 26%
27年秋期 73,221人 54,347人 74.20% 13,935人 25.60%
28年秋期 75,095人 55,815人 74.3% 13,173人 23.6%

敷居はそんなに高くないといっても合格率が20%というのは、そんなたやすく合格できるものでは無いってことを肝に銘じておいてください。

独学というとさらに難易度は上がります。
以下の2点は、独学の際どうしてもついてきてしまう問題です。

  • 勉強時間の確保
  • 独学ならではの辛さ

上記の2点に焦点を当てていきましょう。

このページでは、今回僕が実践したいと思う勉強時間の確保について記事を書いていこうと思います。

独学ならではの辛さはこちら

 

勉強時間の確保方法

今回は僕の申し込んだ日から試験日までの勉強時間の確保例を挙げてますのでご了承ください。

試験を申し込んだ2/20から試験の4/16までは、55日/1320時間あります。

この中で平日最低1時間、土日を利用して8時間ほど確保できたとしたら大体なのですが、平日の40時間、土日を使って56時間合計96時間を勉強に充てることができます。

しかし、知識ゼロでの合格の目安は、大体150時間と言われているので後50時間確保するために生活の中でいろいろ短縮できることを考えてみましょう。

社会人となると勉強時間をとるのも大変ですし結婚しているとなると家事に育児などあらゆる制限が出来、勉強時間を確保することができなくなるでしょう。

いくつかの方法はいつもの起床時間より1時間早く起きて勉強したり、電車通勤なら電車内で教材を読み込んだりなど隙間時間を有効に使うなど方法はいくらでもあります。

もし独身で自炊しているなら自炊時間を勉強時間にあてるためコンビニで弁当を買ったり、食堂で済ませたりしてその間の時間を有効活用していくなど方法はあります。

そのくらいしなきゃ1日24時間という短い時間の中で勉強時間を確保するのは厳しいでしょう。毎日定時でかえれるような仕事ならまだしも残業続きだとさすがに無理ですよね。

自炊でお金を浮かして勉強時間を削るか、それとも試験期間だけでも自炊を無くしてその時間を勉強時間に充てるか・・・。

僕なら後者をとります。

勉強期間くらい贅沢してでも勉強時間を確保したほうがいいにきまっているしね。

※お金に余裕がある独身じゃなければ厳しい部分はありますが・・・(;´Д`)

本来はそんなカツカツのスケジュールでやらず半年前くらいから試験勉強を進めていくのがいいんですがね(;´Д`)

こんな記事書いている暇があったら勉強しろってか?

以上が僕のこれからのタイトなスケジュールになります(笑)

次は、独学ならではの辛さについて記事にしました。知識ゼロからでも受かる?【基本情報技術者試験】への挑戦(1/2)です。暇があったら閲覧してみてくださいね!


自作WEBアプリ集


管理人があまりに暇人なため、しょうもないwebアプリを作ったりしてます。見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA